実際に、「治療への抵抗」と言うものは、最も一般的な患者の回復を妨げる原因になる可能性です。ならば、自らの病気の無意識な否定は形成の一番邪魔物です。

残念に、現代は治療は軽快になるの邪魔物はいくつかあります。

病気を実現できない理由

まず、人々が自分の病気を実現できない理由はいくつかあります。

  1. 関連する文献を読むことができないこと
  2. 恥・罪悪感
  3. 最も不愉快な瞬間の抑圧
  4. 自分の病気について話しくないこと
  5. 知的化、患者は理論に深化するつもりこと
  6. 治療の引き締め
  7. 巫山戯合いこと

病気の否定する方法

その中で:

  1. 問題の最小化(この場合、患者は問題の規模を最小限することになります。)
  2. プロジェクション(なんか他の人のプロブレムと言う意味あり方ことかも知りません。)
  3. 合理化(患者は自分自身の病気に関する論理的な説明を見つけようとします。)